留学とTOEICとの関係は

私たちの身のまわりには、いろいろな免許や資格があり、履歴書の「免許・資格欄」に記入できるものも少なくありません。
また、受験勉強を通じてスキルアップにもつながります。
英語の能力を知る目安としてTOEICを受ける方法があります。
こちらは、アメリカに本部を持つ教育機関が開発したテストで、主にリスニング(聞き取り)とリーディング(読解力)が判定できるといわれています。
TOEICの試験結果はスコアでわかるため、英語力アップの励みにもなります。
また、採用試験のときにTOEICを重視する職場も増えていることから、TOEICで高スコアを取っておくと有利かもしれませんね。
このように、なにかと注目されるTOEICですが、留学とも密接な関係があるようです。
たとえば、留学前には600点以上を目指すなど、具体的なスコアも挙げられています。
また、留学前後では平均200点以上スコアが伸びたとのデータもうかがえます。
なお、TOEICを受験するときは、試験内容が変わっていないか確認することが大切です。
これまでTOEICの受験経験がない人は、試験を受けた人から話を聞くとよいでしょう。
もちろん、TOEICのスコアを伸ばすことがすべてではありません。
なによりも、英会話を楽しむことが大事ではないでしょうか。

Comments are closed.